お金が絡むことには審査はつきもの

どうしてもお金が必要になったときには、消費者金融業者などが行っているキャッシングを使って融資を受けたい人も多いでしょう。 消費者金融のキャッシングを利用してお金を借り入れたときには、利息分も加えて返済することになります。 お金が絡むサービスですので、金融業者としてもきちんと返済できる人に融資を行いたいと考えていると言えます。 ですので、消費者金融などが行っているキャッシングサービスに申し込みを行うと、申し込み者の返済能力を確認するために審査が行われます。 金融業者が行う審査はそれぞれの業者ごとに異なる内容になっていると言えますが、借り入れ希望者の様々な要素をスコアリング化することによって融資を行うかどうかの判断や、借り入れができる限度額が決められることになります。 キャッシング利用者の調査結果によって、借り入れできる金額については個人差が出ることになりますし、法律で定められているルールによって、貸金業法に基づいて行われている融資のサービスについては年収の3分の1までの金額しか借り入れできないことになっています。 審査では年収や勤務先情報、勤続年数、居住環境、家族の構成や保険の種類など様々な項目についての内容を確認されます。 他の金融業者から借り入れを行っている場合や、クレジットカードなどを使用しているときには、それらの借り入れ金額や現在の返済状況についても調べられます。 とりわけ、個人の信用情報については大切な審査基準になると言うことができるもので、過去のキャッシング利用実績や、滞納経験がないかどうか、自己破産や任意整理などの金融事故を起こしていないかなどについても確認されます。 借り入れの契約を締結するときには、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認ができる身分証明書の提示が必要になりますし、利用する限度額によっては給与明細書や確定申告書、源泉徴収票などの収入証明書の提出も求められます。

ページのトップへ戻る